リアルな日常

魂に火がつく瞬間

こんばんは、

走るセールスライター、寺井です!

まもなく2019年がおわります。

ありがたいことに、
本当に仕事三昧で、

手が回っておりません!笑

自分のタスク管理が、
毎日大変で困ってます。笑

さて、久しぶりの投稿となりましたが
昔の話をしたいと思います。

僕は15年間バンドのドラマーとして
去年まで活動していました。

少ないなりもドラムで、
お仕事させて頂いてたんですね。

15のときにドラムを初めて叩いたのですが、

なんやこの楽しさは!

音は!

気持ちいい!かっこいい!

俺の人生はこれや!

プロになったる!

と15のときに夢が決まりました。

そこから15年間1度もブレずに、
30歳までやりきりましたが、

自分の人生を振り返ったときに、
1つ思い出したことがありました。

武道館に立つ!

という夢は叶いませんでしたが、

CDを出したり、
ワンマンツアーできたり

Twitterのフォロワーが
1万人を超えたりと!

それなりに良い体験を
することができました。

もちろん紆余曲折あり、
挫折も死ぬほど味わいました。

でもそれでも諦めずに
続けられたこと。

ある程度の結果を
出すことができたのは、

1つ理由があります。

それは、、、

丁稚奉公で叩き上げられたこと

これです。

丁稚奉公(でっちぼうこう)とは、

簡単に説明すると、
めちゃくちゃ厳しく
育てられたこと、教わること。

という意味です。

僕がこれまで教わった
師匠はみんなスーパー厳しいです。

中学のテニス部で、
全国大会に出場した経験もありますが、

それも当時のコーチが
半端なく厳しかったんですね。

年間で部活が休みは、
10日間もありません。

試合に負けると、
15センチの至近距離で、

本気で氷を顔に投げてきます。

ラケットの持ち方が悪いと、
ラケットには釘を刺されて

グリップを矯正させられる。

というような笑

もちろん褒められたことは、
3年の中で2回くらいかな?笑

ドラムもそう。

高校の時に入った
ドラムスクールの師匠は、

夢を抱く17歳の僕に、
こんなことを言いました。

お前、プロになりたいんやろ?

17でそんなんやったら
プロは無理。諦めろ。

と。笑

衝撃的すぎて、
今でも覚えてます。笑

他にも、、、

練習する気ないんやったら
今すぐ帰れ。

はい、来週も同じ練習な。
今週全然できとらんけん。

というような感じ。笑

こんな育てられ方を
してきたので、

テニスもドラムも
常に怒りまくってました。笑

覚えとけよ、
見とけよこの野郎ー。

どんだけ言われても、
俺は絶対辞めんぞ!

と、気づけば
15年ドラムを続け、

メシ食えるくらいまでは
成長することができました。

今はセールスライターの道を選びましたが。

ここで言えることは、
ただ1つ。

僕を鍛え上げてくれたのは、
間違いなく反骨精神です。

セールスライターとして
独立して1年目ですが、

この仕事もそうです。

ライター講座に参加して、

周りには自分と同じく
人生を変えたいと思っている
沢山の人がいました。

もちろん同志であり、
大切な仲間です。

ただ僕は、

絶対に俺が最初に結果を出してやる!

絶対に1年以内に独立してやる!

と自分の中で、
決めていました。

だからこそ、

今年の2月に独立することが
できたと思っています。

自分の心に火が着く瞬間は
いつも全て同じ理由です。

それが僕はわかっているから、
今後も一生自分の掲げた目標には、
負けず闘っていこうと思います。

ふと、そんなことを
今思い出したので書いてみました。笑

世間ではクリスマスですね、

今年は自分のプレゼントに
ダウンを買いました。

ちょっとした自分のご褒美です。

今年も沢山の
出会いに感謝です。

自分を支えてくれたり、
接してくれる全ての人へ、

来年はもっと貢献できるよう
頑張りたいと思います!

もちろん、走りながら。笑

p.s.

1月のハーフマラソン大会の
ゼッケンが届きました!

楽しみー!

あと総距離が
1000キロを超えました。笑

ABOUT ME
寺井厚介(てらいこうすけ)
寺井厚介(てらいこうすけ)
15〜30歳までバンド1本で勝負するも収入の限界を感じる。2018年9月からセールスコピーライターを目指し5ヶ月で独立達成。セールスライティングや広告運用を含めたWEBマーケティングに携わり活動中。ゼロイチで起業を目指す方たちへ、リアルな日々の記録や考え方を更新中。
メルマガ登録はこちら

【メルマガ】コピーライターで独立する方法や、人生に変化をもたらす情報を発信中。



*あなたのメールアドレス
*あなたの名前(姓・名)