セールスコピーライティング

セールスコピーライティングの方程式〜5つの型〜

スポーツや、武道、音楽、それぞれには「型」があります。

どんなものでも、まずは「型」を知ることが重要だと言われています。

それは成功に繋がる先人たちが作り上げてきたかたちがあるからなんですね。

もちろんここまで言うとわかると思いますが、

セールスコピーにも「型」があります。

  • 見込み客のニーズ
  • 問題
  • 悩み
  • 心配事
  • 恐れ
  • 目指す目標、願望

と言うような、

感情に訴えかける順番方程式が存在するのです。

今回は、セールスコピーライティングの方程式

基本的な5つの型をお伝えしたいと思います。

 

1、注意を引く

 

まずは、読み手の注意を引くことが大事になります。

セールスコピーで言うと、

キャッチコピーヘッドラインのことですね!

メールで言うとタイトルになります。

まずタイトルが興味をそそられるようなものでないと、

中身を見ることさえもしてもらえませんからね。笑

意外性、危険性、などの要素を含んだタイトルなどが思わず、思わず見たくなるようなものを意識します。

例:なぜ、埼玉県に住む16才の女子高生がネットビジネスで100万円を稼ぐ事ができたのか・・・(意外性)

例:5年後に確実になくなる仕事(危険性)

2、読み手の問題をしっかり伝える(特定する)

 

見込み客が、持っている悩みや、問題をしっかり伝えることが大事。

中には問題を理解していない人もいるため、その商品が問題を解決すると思わせるために、しっかりと問題を特定して伝えることが大事なのです。

例:あなたがダイエットで上手くいかないのは、こういう事が原因なのです・・・

3、解決策を提案する

問題を伝えて理解してもらったら、解決策を提示します。

問題をまず明確にしてから、その原因は何なのか。

どうしてこの商品が解決できるのか?

この商品を使うと、どうなるのか?ということを明確に伝える。

 

4、ライバルや他社商品より、優れていることを比べる対象を出して証明する

人の抱える問題はたくさんあります。と言うことは同じ数の悩みや、

問題の数だけ、解決する商品はあると言うことになります。

なので、他の商品と自分の商品はどう違うのか

なぜ、自分の商品の方が優れているのか、と言う理由をハッキリと示します。

・今までの観点と違った視点で悩みを解決する事ができる。

・従来とは違った発想ですが、今まで以上に魅力的な解決策になっている

などと、

他と「どう違うのか」と考えることは、セールスコピーでも1番重要な部分になると思います。

※お客様の声なども、価値を伝える部分に入れると良いと思います。

5、行動を促す(アクションプラン)

そして最後に申し込むように促すのです。

申し込みはコチラから・・・

↑と言うようなやつです。

この方程式の順番通り、見込み客にしっかりと伝える事ができていれば、

行動に促しても、ある程度しっかり成約が取れるようになります。

ただし、型にハマっていなかったり、問題を伝えきれなかったり、解決策に魅力を感じていないと、まず行動に移す事さえしてくれません。

 

まとめ

わかりやすく伝えると

  1. 問題を伝える
  2. 抱えている問題はやばいよーと煽り伝える
  3. 解決策を伝える・この商品が〜解決します
  4. この商品はここにしかないですよ・他にはありませんよ
  5. すぐに申し込んでください

というような流れで、セールスコピーを書きます。

ざっくり伝えましたが、大きく分けるとこんな感じになります。

以前にお伝えした、「購買心理」を理解して上で、

この流れを活用すると、お客さんが惹きつけられる文章が書けるようになります。

また違う機会のときに、1つ1つ、掘り下げていこうと思いますので、

まずはこのベーシックな「型」、流れを

覚えておいてくださいね!

 

 

ではまた。

ABOUT ME
寺井厚介(てらいこうすけ)
寺井厚介(てらいこうすけ)
15〜30歳までバンド1本で勝負するも収入の限界を感じる。2018年9月からセールスコピーライターを目指し5ヶ月で独立達成。セールスライティングや広告運用を含めたWEBマーケティングに携わり活動中。ゼロイチで起業を目指す方たちへ、リアルな日々の記録や考え方を更新中。
メルマガ登録はこちら

【メルマガ】コピーライターで独立する方法や、人生に変化をもたらす情報を発信中。



*あなたのメールアドレス
*あなたの名前(姓・名)