マーケティング

最強のリストマーケティング

数あるマーケティング手法の中でも

最強と言われるのが

今からお伝えする、リストマーケティングです。

「いやいや〜最強って…」

と、言葉が幼稚やな〜って思ったそこのあなた。

リストマーケティングが持つ本当の強みを知っても、

そんなことが言えるのか・・・

 

見てから判断しろ

リストマーケティングって?

簡単にいうと、

リストを集める➡︎リストマーケティングをする

たった、これだけです。

では、まずリストとは何か、、、

リストとは・・・

あなたや、一企業の資産であると言われています。

お客さんの情報、見込み客の情報です。

・見込み客リスト(買っていない客リスト)

・購入者リスト(新規客のリスト)

・メールマガジン読者

・バンドや、アイドルのファンクラブ会員など

ネットビジネスでは、ハウスリストや自社リストなどとも呼ばれます。

なぜリストは資産と呼ばれているのか・・・

江戸時代の商人の話を例にして説明します。(古くね?って言わないで)

当時の商人は店が火事にあうと、商品やサービス関連のものを持って逃げるより、

まず一目散に「顧客台帳(名簿)」だけを持って逃げたという風に言われています。

なぜでしょう?

それは、顧客台帳さえあれば、ビジネスをまたイチからやり直すことができると感じているからなんですね。

リスト(名簿)さえあれば、商品やサービスをまた売ることができるし、何かしら関係性を構築していって、一生の資産にしていくことができるからなんです。

だからリストを持っているということは大きな自分の財産になるんですね。

 

リストマーケティングはなぜ最強なのか・・・

あなたがビジネスをしていると考えてください。

自分が売りたい商品があるとします。そしてあなたの発信媒体はメールマガジンだとします。

売りたい商品を、読者に向けてセールスを兼ねたメールを1通送信します。

たった一回のポチッ!

だけで、いろんな人にあなたのセールスが届きます。

考えてみてください。

読者数が多ければ多いほど、あなたの宣伝がいろんな人に届くのです。

10,000人読者がいたら、

一瞬でその数だけ、あなたのセールスが届くんです。

リアルな飛び込み営業だと、一日24時間フルに使ってもセールスできる人数は、

1000人も難しいでしょうし、限界があります。

というのも当然ですよね。

でもネットビジネスでは、それがたった一瞬で、できてしまうんです。

すごいと思いませんか?

それに、セールスだけではないんです。

有益な情報を流して、信頼関係を構築することもできるので、

あなたのファンやリピーターを増やすことができてしまいます

固定客ができると、4種類のお客さんでも話しましたが、

ビジネスは安定して右肩上がりに伸びて行くんですね。

ファンがいると、どれだけ凄いのか・・・

ファンやリピーターの数が、多いとどうなるのか。

簡単に説明すると、バンドやアイドルのファンクラブ会員が1,000人いたとします。

新しく1500円のシングルCDをリリースをすると、会員にメールを送ります。

ファンなので、買いますよね。

1,500円×1,000人なので、一気に150万円の売り上げになります。

人数の母数が膨らんだり、売るものの値段が変わったり、商品に抱き合わせで何かオマケをつけたりするだけで、さらに売り上げは伸びますよね。

ジャニーズの嵐はファンクラブ会員が241万人を突破しているみたいです。。。

これはCD一枚出すと、ミリオンをすぐ達成してしまうレベルですよ・・・笑

 

凄すぎ。

流石に、ここまでは話が飛躍しすぎて現実的ではないですが、リストを持つ大切さ、固定客を持っている強みは、理解できたと思います。

なので、リストマーケティングは最強なのです。

 

リストは質が大事

一般では、リストの数は多ければ多いほど良いと言われています。

多ければその分、売り上げも上がりますからね!

 

ですが!

 

それはリストの質が良かった場合の話です。

リストの質とは、

いかに友好的な関係を築けているかどうか

送り主➡︎見込み客リストとの信頼関係

 

が大事になってきます。

質の悪いリストの例

例えば、誰でも稼げるよ!」「今日から100万円稼げる!

みたいな胡散臭いキャンペーンやプロジェクトがあるとします。(中には本当に実現できるものもあると思いますが。)

そういうところに集まってくるリストは質が悪いんです。

特に質の悪いお客さんで一番多いのはクレームです。

なぜなら、

胡散臭いものはバックアップする証拠もないし、

結局は送り主側の利益しか考えていないから友好的な関係が作ることができないからです。

まずセールスしても信用がないんで、メルマガとかだとすぐ解除されるでしょう。

サギだ!うぜえ!と思われるのがオチです。

 

リストとしっかり関係構築することが大事

あなたとリストの、関係性を深めて行くことが大事なんです。

コミュニケーションをとっていくこと。

良いお客さんを集めたいなら、相手側に価値をしっかり与えられているか、

どうかがすごく大事になってきます。

メールマガジンなら毎日、お客さんにとって有益な情報を提供して信頼関係を作る。

そこからセールスですね。ツーステップマーケティングです。

そして更に大事なことを伝えます。

一度セールスしてみて、今回は購買に至らなかったとしても、

有益な情報を提供していると、

あなたにプラスなイメージを持ってくれたままの状態でいてくれます。

なので、違う切り口で別の商品やサービスを出した時に、買ってくれる可能性が上がるんですね。

要は、セールスされても嫌な感じがしない

と、いうことです。

 

まとめ

良いリストを集めるということは、難しいことです。

ですが、

考え方を変えてみると楽に集めれるようになります。

それは、、、

あなただけの強みを作る

ということです。

ファンになる心理って、この人じゃないとダメだ!

この人しか持っていないものがあるから好き!という心理ですよね。

でも個性的すぎは、だめですよ。

個性的すぎるものは、まず情報がなさすぎて見られもしないですから。笑

比べる対象があるのが一番良いんです。

要は、競合している相手より少し自分の方が価値がある。だけで良いのです。

それだけで、人はファンになってくれると思います。

 

簡単にいうな! って怒られそうですが、笑

少し視点を変えてみるだけでも、

大きく変わってくるので

ぜひ頭の中にいれておいてくださいね!

 

ではまた。

 

 

 

ABOUT ME
寺井厚介(てらいこうすけ)
寺井厚介(てらいこうすけ)
15〜30歳までバンド1本で勝負するも収入の限界を感じる。2018年9月からセールスコピーライターを目指し5ヶ月で独立達成。セールスライティングや広告運用を含めたWEBマーケティングに携わり活動中。ゼロイチで起業を目指す方たちへ、リアルな日々の記録や考え方を更新中。
メルマガ登録はこちら

【メルマガ】コピーライターで独立する方法や、人生に変化をもたらす情報を発信中。



*あなたのメールアドレス
*あなたの名前(姓・名)